腰まわりのぜい肉(浮き輪)を解消させるためのストレッチング

▼ 腰まわりのぜい肉(浮き輪)を解消させるためのストレッチング

佐藤雄一です。

パンツに乗っかかる脂肪を解消させるために、筋トレやストレッチングに励んでいる人って多いと思います。
でも、下腹ぽっこりと同じくらい解消するのが上手くいかない人も多いと思います。

なぜ、腰まわりのぜい肉を上手く解消出来ないのか?ぜい肉は、動きの少ない筋肉や関節の周りに付きやすいです。
腰まわりにぜい肉が付きやすい人、筋トレやストレッチングをしても思うように解消出来ない人は…

腰椎(背骨)の動きが悪い。

筋肉で言うと「脊柱起立筋」や「腰方形筋」が硬い。

ものすごく簡単に言うと、腰が硬い。

腰まわりのぜい肉を解消したい人は、まず「脊柱起立筋」と「腰方形筋」を十分にほぐしましょう。

===脊柱起立筋のセルフマッサージ===

▽ 骨盤後ろの出っ張った骨のキワにボールを当てて、仰向けに寝ます。

▽ カラダが傾いても良いので、ボールにしっかりと体重を乗せます。

▽ 両膝を曲げて、ボールに乗せた体重が逃げないように足で床を押してカラダを揺らします。

f:id:yuichisatoblog:20170908172915j:plain

f:id:yuichisatoblog:20170908160158p:plain


f:id:yuichisatoblog:20170908160238p:plain

 


===腰方形筋のセルフマッサージ===

▽ 肋骨のキワにボールを当てて、仰向けに寝ます。

▽ カラダが傾いても良いので、ボールにしっかりと体重を乗せます。

▽ 両膝を曲げて、ボールに乗せた体重が逃げないように足で床を押してカラダを揺らします。

f:id:yuichisatoblog:20170908181957j:plain

f:id:yuichisatoblog:20170908160916p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170908160952p:plain

 



それぞれ、ビフォー・アフタ−写真を乗せましたが、違いがわかりますか?ぱっと見は、Beforeの方がウエストのラインが良く見えるかもしれませんが…

まず、注目して欲しいのは「背骨」です。
腰に力が入りやすくなっているので、背骨のあたり背骨のところに陰が濃くなっています。

次に注目して欲しいのは「腰」の位置です。
これも、腰に力は入りやすくなることで骨盤の後ろを引き上げて腰が高くなっています。それにともない、お尻の位置があがり、ムダな力も抜けて横に広がっているように見えると思います。

ざっくりというと、腰椎が反りが正常に戻る。
なので、カラダの横からみるとキレイなカーブをした腰のラインになります。

ということで、腰まわりのぜい肉(浮き輪)を解消したいという人は、「脊柱起立筋」と「腰方形筋」のほぐしをマスターしましょう!

佐藤おすすめのセルフマッサージツールはAmazonで購入出来ます!

TPマッサージボール(約直径7cm)

ソフトボール

MBマッサージボール(約直径13cm)

===個別サポートのご案内===
===佐藤雄一プロフィール===

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるための個別サポートをしています。(完全予約制)

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


木〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー