下腹ぽっこりを卒業するためのストレッチング

▼ 下腹ぽっこりを卒業するためのストレッチング

佐藤雄一です。

下腹ぽっこりを解消させたい!
そのために、食事制限をがんばったり、腹筋の筋トレを頑張っている人って多いと思います。

でも、僕のもとには「下腹のぜい肉がなくなたない」という声が届いてきます。

頑張っても、頑張っても無くならない下腹のぜい肉。
なので、下腹ぽっこりを解消させるって難しいと思っていませんか?

実は、下腹のぜい肉を解消させるって、そんなに難しいことではないんです!
難しく感じるのは、正しい解消のさせ方を知らない人が多いから。

下腹ぽっこりを解消させるためのキーワードは「内腹斜筋」です。

良く斜めの腹筋って表現される筋肉のひとつです。
下腹ぽっこりしやすい人は、この「内腹斜筋」が弱っていることが多いです。

そんな弱っている「内腹斜筋」をストレッチングするとどうなるかご紹介しますね。

f:id:yuichisatoblog:20170831152608j:plain

ストレッチングを1セット行った後のビフォー・アフタ−です。
お腹周りが引き締まって、お腹に筋が入るのがわかりますか?

写真は、この後でご紹介する動画から切り取ったものなので、ごまかしは一切なしです(笑)
ぜひ、あなたも「内腹斜筋」のストレッチングをマスターして、引き締まった下腹を手に入れて下さいね。

では、弱っている「内腹斜筋」を復活させる方法をご紹介しますね^^

ご紹介する方法は、ボールを使った筋肉ほぐしとストレッチングです。

===内腹斜斜筋のほぐし方===

▽ ボールを出っ張った骨盤の際に当てて、うつ伏せに寝ます。

▽ ボールに体重をしっかりと乗せて、お腹にめり込ませます。

▽ つま先を立てます。

▽ ボールに乗せた体重を逃さないように、足を床を押してカラダを小刻みに揺らします。

▽ カラダを揺らしながら、一番痛いもしくは硬いと感じるところを探します。

▽ 一番痛いもしくは硬いところが見つかったら、そこを重点的にほぐします。

f:id:yuichisatoblog:20170824132407p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170824132427p:plain



===内腹斜斜筋の伸ばし方===

▽ 両膝を曲げて仰向けで寝ます。

▽ 右(左)膝を内側に倒します。

▽ 倒した膝の外側に反対の足を重しとして乗せます。

▽ 腰と骨盤の境目辺りをグッと反らせます。

▽ 腰を反ると、膝を内側に倒した脚が浮いてくるので、それを重ねた足で抑えます。

f:id:yuichisatoblog:20170831154234p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170831154251p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170831154306p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170831154322p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170831154339p:plain

佐藤おすすめのセルフマッサージに有用なボールはAmazonで購入できます!

TPマッサージボール(約直径7cm)

ソフトボール

MBマッサージボール(約直径13cm)

===個別サポートのご案内===
 ===佐藤雄一プロフィール===

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるための個別サポートをしています。(完全予約制)

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


木〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー