お腹をヘコませるために、お腹の筋肉を緩めよう!

▼ お腹をヘコませるために、お腹の筋肉を緩めよう!

佐藤雄一です。

「私、お腹の贅肉が取れないんでよね〜。」という方のお腹を触るとこんな特徴があります。

お腹の筋肉が硬い。

こういう書き方だと、お腹は硬い方が、腰痛予防になったり、パフォーマンスアップに繋がって良いのではと思う人が多いかな?

では、仰向けに寝て体をリラックスさせた状態で、お腹を触ったらお腹の筋肉は硬いですか?それとも柔らかいですか?

これだと、硬いのと柔らかいのどちらが良いと思いますか?

正解は、柔らかいです。

お腹周りに脂肪が付きやすい方、腹筋の筋トレをしてもお腹がヘコまない方はリラックス時のお腹が硬いです。
仰向けに寝ている時はお腹の筋肉は力が抜けるので、お腹を触ると柔らかくなります。

柔らかくならず硬い方は、筋肉が正しく伸び縮みしない体になっていますので、筋肉の活動量が低下しています。
活動量が低下しているということは、お腹周りに脂肪が付きやすいですし、脂肪燃焼がしにくいです。

という話をすると、「私のお腹柔らかいわよ!」とおしゃる方がいますが、大半の方は脂肪だけを触って判断しています。
このお腹が柔らかいですか?というのは、あくまでも筋肉の話です。

たまに、お腹を触って硬いのか、柔らかいのかを判断するのは、どっちなのか良くわからないという人もいます。
そんな方は、こんなテストをしてみましょう!

仰向けに寝て、鳩尾の高さとおへその高さをチャックして下さい。

▽ 鳩尾(みぞおち)よりおへそが高い方は、腹筋の筋トレ効果が得られにくいです。

▽ 鳩尾(みぞおち)よりおへそが低い方は、腹筋の筋トレ効果が得られやすいです。

さて、お腹の筋肉が硬いと、腹筋の筋トレを行っても効果は期待できないというのをご理解して頂けたでしょうか?
ここからは、硬くなった筋肉を緩める方法をご紹介していきますね。

緩める方法はいくつかありますが、自分の体重を使って簡単に出来る方法をご紹介したいと思います。

こんな道具を使うと便利です。

TPマッサージボール(約直径7cm)

f:id:yuichisatoblog:20170820112257j:plain

ソフトボール

f:id:yuichisatoblog:20170820112338j:plain

MBマッサージボール(約直径13cm)

f:id:yuichisatoblog:20170820210550j:plain 

上から初心者用・中級者用・上級者用といった感じですね。
ちなみに、僕は「ソフトボール」と「MBマッサージボール」の2つを使っています。

では、これをどうやって使うのかご説明しますね。

▽ お腹に当てて、うつ伏せに寝る。

▽ ボールにしっかりと体重を乗せる。

▽ つま先を立てて、足を床を押してカラダを縦に小刻みに揺らす。

基本動作は、たったこれだけです。
たまに、経穴(ツボ)にアプローチしたものと勘違いをされて、ピンポイントでボールを当てないと効果を得られないと思う方がいます。ピンポイントで当てることは当てますが、それは経穴(ツボ)の位置とは限りません。

ピンポイントで当てる場所は、カラダを小刻みに揺らして一番痛いもしくは硬いと思った位置(角度)です。
これは、自分の感覚で良いので専門知識は全く必要としません。

下腹ポッコリを解消するためには「内腹斜筋」の筋肉をほぐしましょう!

お腹を引き締めたいという方の多くは、下腹ポッコリが気になるところではないでしょうか。
下腹ポッコリしている人のお腹を触ると、「内腹斜筋」の筋肉が硬くなっている人が非常に多いです。

下腹を引き締めるための筋トレとして、足上げ腹筋が推奨されているますが、「内腹斜筋」が硬いまま行っても効果を得ることができません。
まずはしっかりと、筋肉を緩めるところからはじめましょう!

f:id:yuichisatoblog:20170824132407p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170824132427p:plain

▽ ボールを出っ張った骨盤の際に当てて、うつ伏せに寝ます。

▽ ボールに体重をしっかりと乗せて、お腹にめり込ませます。

▽ つま先を立てます。

▽ ボールに乗せた体重を逃さないように、足を床を押してカラダを小刻みに揺らします。

▽ カラダを揺らしながら、一番痛いもしくは硬いと感じるところを探します。

▽ 一番痛いもしくは硬いところが見つかったら、そこを重点的にほぐします。

 

お腹の引き締めとくびれ作りの第一歩は「腹直筋」から!

「腹直筋」は、恥骨から鳩尾(みぞおち)に付着しています。
ここが硬いと、ウエスト本来の骨格長さよりも短くなってしまうので、寸胴になりお腹全体的にポッコリします。

なおかつ、猫背になってしまうので、お腹の引き締めやくびれを作り硬い方は必ずほぐしておきましょう!

f:id:yuichisatoblog:20170824133644p:plain

f:id:yuichisatoblog:20170824133705p:plain

▽ ボールを鳩尾(みぞおち)より少し下に当てて、うつ伏せに寝ます。

▽ ボールに体重をしっかりと乗せて、お腹にめり込ませます。

▽ つま先を立てます。

▽ ボールに乗せた体重を逃さないように、足を床を押してカラダを小刻みに縦に揺らします。

▽ カラダを揺らしながら、一番痛いもしくは硬いと感じるところを探します。

▽ 一番痛いもしくは硬いところが見つかったら、そこを重点的にほぐします
 



「内腹斜筋」と「腹直筋」をほぐしたら、鳩尾(みぞおち)とお腹の高さを比べてみて下さい。
最初と比べて、お腹が低くなるのがわかると思います。

ちなみに、僕のお腹はこんな感じです(笑)

f:id:yuichisatoblog:20170824140500j:plain

これ、普通に仰向けに寝ているだけです。
お客さまに「お腹をおもいっきりヘコませて下さい!」と言っても、ここまでヘコませることが出来る人って、ほとんどいません。

なので、ちょっと自慢気味に僕のヘコみ具合を見せたりします(笑)
どうやって、このお腹を作りあげているかというと、寝る前にボールを使って「内腹斜筋」と「腹直筋」を入念にほぐしているからです。

決して天性のものではありません。
コツコツと「内腹斜筋」と「腹直筋」をほぐした結果です!

なので、誰でもこんなお腹になれます。
お腹をヘコませたい・引き締めたいと思っている人は、ぜひやってみて下さいね。

f:id:yuichisatoblog:20170824133943j:plain

佐藤おすすめのセルフマッサージツールはAmazonで購入出来ます!

TPマッサージボール(約直径7cm)

ソフトボール

MBマッサージボール(約直径13cm)

===個別サポートのご案内===
 ===佐藤雄一プロフィール===

札幌の東西線西11丁目駅から徒歩5分のパーソナルトレーニング専門ジムで、肩こり・腰痛・ひざ痛緩和の運動指導、ダイエットの成功やスポーツで結果を出せる選手になるための個別サポートをしています。(完全予約制)

肩こり・腰痛・ひざ痛の改善、きれいなスタイル(ダイエット)や細マッチョ作り、ゴルフ・マラソン・テニスなど各種スポーツのスキルアップなどのご依頼を承っています。

質問・感想・お問い合せメールフォーム


木〜土10:00〜17:00(最終予約受付/16:00、日祝定休)

札幌市中央区南3条西9丁目999-1 新和プラザビル3F 札幌ボデイファクトリー